小図書館猥雑目録

某大学漫研部員のエロ漫画話ブログ。

いとうえい『変質フェティシズム』

 題名通り、ちょっぴり屈折したシチュエーションで魅せる短編集。

 酒に酔った叔母さんが眠っている間に、近所の子に何度も食ザー、教え子のぱんつに射精、お嬢様の無知につけこんで、居候な幼馴染と壁越しに、目を痛めたお姉ちゃんを騙して、妹の睡眠中に調教、そして巻末作はまさかの……(一応伏せておこう)。可愛さ歪んでおかしなプレイに走ってしまう性欲の暴走・奔流の描き方が見事。イケナイことをしてしまっているという雰囲気に興奮しきり!

 だが、いずれのカップルたちも最後には(通常の)セックスで結ばれることが示すとおり、その行為の根底に走っているのは純粋な愛情。幼い頃から育んだ関係であったり、指導的立場たる主人公への従属意志であったりからなる信頼関係の賜物でもって、時に一方的な欲望の発露はしかし明るさを損なわない。要は、ラブラブなんですよ。良いものです。ここでもある種の「都合の良さ」が抜きやすさに繋がっているかなあ、と。

 大きなお姉さんも生意気ラブラブ幼馴染も無知お嬢様もちいちゃな妹も、みんなカワイイ!だまくらかしちゃっての性欲処理、大変良かったです。