小図書館猥雑目録

某大学漫研部員のエロ漫画話ブログ。

エロ漫画年間ベスト企画とかやりたかったのだけれど

 今年も残すところわずかですね!ということで、私も2013年を振り返り、今年の新刊エロ漫画のベスト10でも選定してみようか、と思ったのでした。

 ……思ったのですけれど。まあ今年読んだ新刊をリストアップしてみましょう。

 

柚木N'『椎葉さんのウラの顔。』
モチ『死なずの姫君』
楓牙『兄と妹の事情。』
みなすきぽぷり『ろりぐるい』
高津『エリザ様ご用心!!』
山下クロヲ『甘いちゅーぼー』
つくすん『幼姫姦々』
いとうえい『変質フェティシズム』
三月さんいち『未姦成少女篇』
スミヤ『センテンス・ガール』

以上10作品

 

少ねえ!!!

はいすいません、全て私の怠惰のもたらした結果でございます。これではベスト10を選ぶどころではないのです。新刊に限らなければ25冊ほど読んだけど、それでも少ないという、もうどうしようもない。

 

 まあせっかくなので、読んだ中から3冊ほど(読了順)選んでみることにすると。

☆モチ『死なずの姫君』

 超越した画力と攻撃力とによるエロのパワーが圧倒的。これで初単行本とか恐ろしい。ストーリーでは多分に御都合主義といったところもあるが、そんな「都合の良さ」も含めての、エロ漫画としてのポテンシャルは凄まじい。

 

みなすきぽぷり『ろりぐるい』

 とんでもない情熱の迸る女児リアリティ。和姦も強姦も、執拗な責めに徹底したことの醸しだすユートピアとディストピア。この熱量には平伏、そして屹立するばかり。

 

☆つくすん『幼姫姦々』

 エロ漫画は世界も懐も広しといえど、これについては回れ右人口も多いであろう激甚リョナ本。殴る蹴るに飽きたらず、ヒロインたちの末路はほぼDEAD END。好みは大幅に分かれど、我が嗜好にはぐっさり刺さってしまったので選定。

 

 こんな感じで。総量は少ないものの、読んだ作品に関してはどれも「やっぱりエロ漫画おもしれえ!!」と思わせてくれる、大切なものでありました。今後とも素敵な出会いに期待したいですね!

 それでは、来年もよろしくお願い致しますー。

 

 

 ちなみに積読も見てみましょう。

ナックルカーブ『お兄ちゃん、世界で一番幸せにしたげるねっ』
睦茸『そとの国のヨメ』
スミヤ『SAYONARA FAIRIES』
岡田コウ『せんせいと、わたしと。』上下
EB110SS『少女レシピ』
滑空『しゅーしゅくしゅ!』
なるさわ景『とろなまヒロインズ』
サブスカ『性少女マギカ』
源五郎『今日も寝かせないから』
山崎かな『ちゅーとろ』
藤坂リリック『リリカルきゅーと』
新貝田鉄也郎『ワルイコトイイコト』
ひげなむち『おとめくずし』
井ノ本リカ子『娘これ♀』
緑のルーペ『ガーデン II』
新堂エル新堂エル文化人類学
ドバト『少女とギャングと青い夜』

以上17作品(18冊)

 

読了より多い!!!!

もうなんていうか、なんとも言い難い。来年は色々頑張りたいものです……。