小図書館猥雑目録

某大学漫研部員のエロ漫画話ブログ。

葉雨たにし『もっとキミを感じたい』

 恋人達の甘く熱い恋愛と欲求の短編集。

 幼馴染、子供同士、先輩・お姉さんなどなど居るが、悪態ついたり色々ありながらも相思相愛、あるいはそうなっていくカップルさんズが勢揃い。年齢層は男女とも10代半ば~20代前半、初々しいイチャイチャ成分も楽しめる。

 そんな初々しさ溢れる少年少女たちであるから、性への欲望はストレート。Hしたいという強い思いを抱えながらも中々言い出せない、それ故のもどかしい「間」の描写が大変うまいですね!その「間」、そして抑えきれず漏れだし干渉へとを手を誘う感じが、なんとも言い難いが大変なエロスの源でしょう。

 一旦合意してしまえば、後は思うままに柔肉をまさぐり腰を振るのみ。特殊なプレイはない、原始の生殖行為は、だからこそ最も素直に感情が発露する。普段は強気なあの娘とか、今まで女の子としてなんか見ていなかったあの娘とかの大事な部分を弄って、恥じらいに頬染めて覆い被さられた身体の下で甘く鳴かせちゃったら、もうね!思い通じて返答とばかりにガキッとだいしゅきホールドをキメられたら膣内射精待ったなし。

 独特な絵柄もしっとりしっぽりな雰囲気形成の立役者だろう。アナログ的というか、いい感じのゆらぎや雑さ熱さ色っぽさのある描線が非常に素敵。思春期の肢体のエロさは言うに及ばず、汗ばんだ肌に纏わりつく艷やかな黒髪とか、潤んだ瞳の表情なんかもキュンキュンきますね!草木とか夏の空とか畳とかの背景ワークも素晴らしい。

 お気に入りは、一見お堅いメガネっ子鈴香さんと我慢できずに性欲を解き放っていく流れがメッチャエロい「はやくはやく」、勝気な悪友高森さんのお胸が大きくなってきたし異性として意識し合ってお嫁にしたい「ほっぺにバンソウコウ」、麗しき憧れの黒桐先輩とご褒美エッチな「一歩一歩コツコツと?」及び描きおろし「二歩三歩と着々と?」など。ああ性春。