小図書館猥雑目録

某大学漫研部員のエロ漫画話ブログ。

へんりいだ『はつこいりぼん。』

 実在しそうな非実在女児たちとたっぷりえっちな短篇集。

 まず表紙(Amazon)を一瞥すると、なんともエロ漫画らしからず?大人しめ、萌え最先端なくりくりお目々女子たちのキラキラとまぶしい姿が目に入り此は如何に。然れども4コマ誌ではなくしっかり黄色いマーク付きの本書、このとんでもなくキャッチーなキャラクタがよがりまくる桃源郷へのご案内である。

 ヒロインは総じて小学校中~高学年程度と思しき外見、一編(やや特殊な状況により)JK設定の作品もあるが、体型はおおよそ互換性あり。奥ゆかしく従順そうな子も、今どきファッションの生意気マセガキな子も、デフォルメはされてるが「女児感」とでも言えばいいのか、現実に居るんじゃないかというリアリティがすごい。(主に頭部)装飾品等の小物含めた服装や、ちょっとした可愛らしいしぐさ、生活が垣間見える自室といった細部に神が宿った結果ですね!

 相対する大人としての主人公は、年長の立場を利用して性を教え込んでいったり、あるいは甚だ年下の存在にいいように弄ばれたり。ストーリーとしてはその状況の進行がメインで、少女に手を出すことへの禁忌思想は一切排除。調教しても小馬鹿にされても妹・その友人複数ヒロイン同時攻略ルートでも、いずれ相思相愛となるハッピーエンドOnlyでごあんしんです。子供に手を出した野郎が幸せになれるはずがない世界に在る我らだからこそ、この非現実の理想郷に於ける幸せを噛み締めよう。

 キュートな衣装を身にまとった妖精たちは脱いでもすごい、膨らみ始めたお胸・くびれ切らないぽっこりお腹・最低限のお肉がついたお尻、何から何まで小さな子供!柔らか唇のお口を大人舌で舐り、全部は咥えられない大人ち○ぽをくぽくぽさせつつ、指一本でも締め付けるこどもま○こを優しくいじれば、目の前にはいっちょまえにトロけたメスの表情。そしておよそ不釣り合いな体積差の性器を結合させるに至るが、丹念なほぐし方と愛の力が相まって、少女の流す涙は苦痛よりも喜悦に依るところが大きなものであろう。華奢な身体を抱きすくめ愛の淫語を囁きあえば膣壁を擦り上げる肉棒も辛抱たまらぬ、絶頂に震える肢体と未発達な子宮を白濁で満たす断面図→許容量を超え溢れだす精液→余韻と結ばれた幸福とでぐしゃぐしゃの顔のフィニッシュムーブを華麗にキメて愚息も思わず頂点へ。プレイ内容としては概ね前戯・フェラ・挿入と直球ストレート真っ向勝負だが、そのプロセス、執拗な愛撫とその反応を入念に描いてあることで破壊力は抜群でしょう。

 初出が古いので三年前ということで流石に絵柄はかなり変わってて、当初は最新のものより濃い目の絵でハイテンション、現実世界の普通の人間ではあるのだが、(私の感覚が古臭いのかも知れないが)ある種ファンタジー的というか現実離れしたようなキャラデザで結構好みは分かれるかもしれない。しかし一巻を通じて読んでみれば、ああ進化してるんだなあという感慨も抱けるはず。

 今回は反抗と従順とでは後者が私の好みのようで、友人の妹を自分から挿入おねだりさせるまで完全仕込みの「うぃーくえんど♥かっぷる」、漫画家志望のJSに実体験性活指導オール5な「なかよしりぼん」が爆抜き案件。ああ少女。